頭皮シャンプーで頭皮を健康に|元気な髪の毛を育てる

人気商品をチェック

ドライヤーを使うレディ

ドライヤーは洗髪後の濡れた髪を乾かしたり、美しいスタイリングを行うのに欠かせない商品です。商品ごとに機能や性能、重さなどには違いがありますので、ランキングなども参考に良い商品を見つけていきましょう。迷ったときには実際に使っている人の口コミなども参考にしてみると良いでしょう。

もっと見る

適切な使用で美髪になる

ヘアーアイロン

ヘアアイロンを使う時には、濡れた髪の毛の状態で使わないようにします。しっかり乾かしてから設定温度を180度にして使うのが効果的です。スタイリング剤を使うときれいなヘアセットにすることができます。この時もしっかり乾かしてから使います。

もっと見る

頭皮にいいノンシリコン

シャンプー

一日のうちで一番髪が抜けるのが洗髪をするときです。普通の人でも100程度は抜けます。しかし、シャンプーをノンシリコンシャンプーに変えれば、抜け毛のリスクが減ります。頭皮に栄養を与えることができて、薄毛の予防に繋がります。

もっと見る

健康な髪の毛のために

髪を洗う人

最近の主流はスカルプケア

一昔前までは「ヘアケア」といって髪の毛に注目してケアしていましたが、今ではすっかり頭皮をいかに健康に保つか、という「スカルプケア」が常識となっています。そこで真っ先に考えられるのがシャンプーですね。各メーカーから趣向を凝らした頭皮シャンプーが販売されています。毛穴の皮脂を徹底的に落とすもの、メンソール等の効果で頭皮の血行を良くするもの、シリコンやパラベンといった化学成分をなるべく使わないものなど、内容はさまざまです。その中でどんな物を選ぶかは考え方が分かれるところですが、一つだけ言える事は正しいシャンプーのやり方でなければ効果がないということです。そのため、正しい頭皮シャンプーのやり方をきちんと把握しておくことが大切です。

基本はもみ洗い

健康な頭皮を維持するために、清潔であることは最も大切です。その基礎となる頭皮シャンプーですが、いつもどのような方法で行っているでしょうか。まずお湯の温度ですが、熱すぎてはいけません。皮脂を取りすぎてしまうのです。「皮脂は徹底的に取ったほうがいい」という考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、皮脂を取りすぎてしまうと逆に皮脂が頭皮からたくさん分泌されてしまい、かゆみの原因ともなり、結果的にオイリーな体質になってしまうのです。ですからお湯の温度は体温よりちょっと高め、37度〜38度くらいが最適です。そしてシャンプーの前に髪の毛全体を濡らし、お湯だけでしっかり洗っていき、おおまかな汚れはここで落としてしまいます。次に頭皮シャンプーをつけて洗っていきますが、指で頭皮をこするやり方ではなく、頭皮をつかんでもみ込むように行います。ポイントは頭皮が動くように、これによってマッサージ効果もあり血行が促進され、健康な頭皮になります。