適切な使用で美髪になる|頭皮シャンプーで頭皮を健康に|元気な髪の毛を育てる

頭皮シャンプーで頭皮を健康に|元気な髪の毛を育てる

適切な使用で美髪になる

ヘアーアイロン

ヘアアイロンを使う場合に気をつけたいことがあります。それは濡れた髪の毛の状態で使わないということです。濡れた髪の毛というのは、キューティクルは開いた状態になっています。キューティクルが開いた状態になっていると髪の毛は刺激に弱く、とても痛みやすくなっています。濡れている状態でヘアアイロンを使用すると髪がダメージを受けて、チリチリ状態になってしまうため、ヘアアイロンを使う時には完全に髪の毛を乾かしてから使うようにしましょう。また、しっかりとスタイリングしたいからといって、同じ場所をずっとかけていると髪の毛にダメージを受けてしまいます。あまりずっと同じ場所にかけないように気をつけます。またよくスタイリングをする時に髪の毛を引っ張っている人がいます。これもよくないやり方なので気をつけましょう。

ヘアアイロンを使う場合に髪の毛を傷めないためには、温度を工夫することです。適度な温度でスタイリングすることで、熱によるダメージを最小限に抑えられます。設定温度は高すぎても低すぎてもよくないので気をつけます。高すぎると髪の毛にダメージを受けるし、低い温度では癖がつきません。大体、設定温度を180度前後にしておくときれいにセットすることができるので覚えておきましょう。そしてきれいな髪の毛にしたい場合にはヘアアイロン用のスタイリング剤があります。それを使うときれいにスタイルを長持ちさせることができます。しかし、スタイリング剤を使った場合にはしっかりドライヤーで乾かしてからヘアアイロンを使うようにすることがポイントです。